image


昨日の放課後は、ペガサスで久しぶりにパットの10ボールテスト。そのあと、黙々とパッティングのドリル。それだけでもう3時間経過。その後ハーフを回るはずでしたが、親父が風邪気味のため(たぶん日本の風邪)、親父54°対一磨60°のチッピングコンペ、クラブの違いはハンデです。プレーオフまで行きましたが、結局一磨の勝ち。「また、ちゃんとゴルフやればいいじゃん」と息子に励まされましたが、

そんな時間あるわけねーだろ!お前らのせいだ!😠

ま、持病の腰痛もあるので。。。 親父はグリーン周りの遊びで十分です。😿

さて、「ニュージーランドってあんまりトーナメントが無いイメージなんですよねー」と、ある親御さんに言われたので、そんなことないんですよ、っていう話。

トーナメント少なかったら、リディア コーもデニー リーも出てこないでしょ。😉

全部は書ききれないので、日本からジュニア育成目的で来る場合に話を絞ります。コンスタントに75前後で周れるレベルなら、大抵、予選通過は十分狙えます。女子はカットが無いので、そういう意味ではもう少し、楽。

ニュージーランドのアマチュアにとって、2大トーナメントは3月のNZストロークプレイと11月のNZアマチュアです。来年2017の話で言うと、NZアマチュアがここカンタベリーで開催されるので、我が家から通えます。モエちゃん、チカちゃん、ヒナちゃん是非来てね。って、みんな来たら部屋足りないか。。。
3月のストロークプレイは来年は北島なので、ホストコースのホームステイ滞在になります。親父が帯同してもいいですが、余計なお金がかかっちゃいます。

あとは、9月のU19ストロークプレイも大きな大会ですが、9月頭は日本のスケジュールとぶつかりそうですね。

あとは、10月のヘアウッドオープンも我が家から通えます、皆さん是非。このヘアウッドオープンは年間6戦あるチャールズツアーの一戦です。海外ツアーで活躍できる若手プロを育てる為のデベロップメントツアーです。女子はカットが12位までなので(男子は50-60位)、お父さんは結構ドキドキできると思います。このチャールズツアーは3月中旬から4月中旬までオークランド周辺で3連戦があったりするので、ホームステイを転々としながら、っていうのも良いと思います。

親父のお勧めは、毎年2月下旬にセントクレアで開催される南島ストロークプレーですね。このコースは景色も綺麗だし、レイアウトも抜群に良いです。絶対に楽しめます、超お勧め。ただ、フォーマットが1日36ホールx2デイズなので体力も必要です。ま、気候は快適なので楽しめると思います。

親バカ自慢ですが、桃花は2年連続この南島タイトルを取りました。😁

あとは、ローカルな試合ですが、10月のカンタベリーマッチプレー、1月のカンタベリーストロークプレー(72ホール)も日本から遠征してくるには良いトーナメントだと思います。我が家から通えますし。
12月はファルドのニュージーランド大会もカンタベリーでやりますね。これ国籍関係無いから日本の子も出られますよ。勝てば、中国のミッションヒルズです。ニュージーランド代表として。😁

上手くスケジュールを組めば、短期間で2ー3試合出ることも可能だと思います。

ちなみに、上記のトーナメントは全てWAGR、ワールドアマチュアランキング対象イベントです。日本でやってると、日本アマチュアランキングを上げてナショナルチーム入りを目指すのがスタンダードなんでしょうけど、まずはワールドランキングに入らないことには…、と親父は思いますね。ワールドランキング上げてけば、ナショナルランキングは自然と上がるというのが、桃花の成長過程でしたので。

ということで、上級者向けのトーナメントを駆け足で書いてみました。もちろん、100を切れれば十分に楽しめるワンデイ・トーナメントも毎週開催されますから、是非是非、レベル、年齢に関わらずニュージーランドへの遠征をご検討ください。


詳しい日程はホームページにて。

お問い合わせをお待ちしています。🙇





⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ