image

昨日はホームコースのペガサスで練習。

皆さんがJGNZのプログラムに参加した際、練習へ行くのは基本的に3カ所です。ランギオラ ゴルフクラブ、ペガサス ゴルフクラブ、そして アドバンスト ゴルフスタジオ、この3つがみなさんのホームコースになります。
もちろん、スタッフやプロとのやりとりは全部英語です、身振り手振りと満面のスマイルで頑張ってみましょう。😁
もし、どうにもならなかったら親父を呼んでください。送迎だけでなく、練習中も常に行動を共にしますので安心してください。

さて、

まず、ランギオラは毎年NZPGAのプロアマが開かれる本格的なウッドランドコースです。ウッドランドというのは木に囲まれているという意味です。曲げれば林の中から出すことになります。
ランギオラの練習施設は、190mのレンジ、エンドに高いヘッジがあるので、キャリー210mまでは打てます。もちろん打席は芝です。マットはありません。
あ、ウォームアップ用のケージにマットが3打席あります。ケージというのは日本の屋内練習場のようなあれです。ま、練習に使うことはまったくありません。球筋分からないですからね。
レンジよりもっと長い距離を打ちたい場合は、5番ホールと16番ホールをレンジとして使うクラブ ルールになっています。もちろん、クラブコンペの最中は使えませんが、早朝、放課後は、レンジとして使えます。距離は380mあるので十分です。
プラクティスエリア(レンジの横)はチッピンググリーンがひとつ、バンカーがひとつ、パッティンググリーンがひとつです。チッピンググリーンは各方向50mぐらいから狙えます。今度、ちゃんと写真で紹介しますね。コースはランギオラ高校から3分。

そして、ペガサス ゴルフクラブ。2012年までニュージーランド女子オープンが開催されていた、リンクス コースです。林がない代わりに、池やハザードがたくさんあってとてもチャレンジングです。リゾートコースらしく、テニスコートやトレーニングジムもあります。もちろん、みんなも自由に使えます。練習施設は250mのレンジ、ここはマットと芝と両打席あります。そして、チッピンググリーンがひとつ、バンカーがひとつ、パッティンググリーンがふたつあります。どれも傾斜に富んでいて練習には最高です。ここはランギオラ高校から10分弱。

どちらのコースもプロショップがあるので、一通りのものは買えます。でも日本のような品揃えは間違っても期待してはいけませんよ。クラブハウスでは食事もできます、シャワールームもあります、でも温泉はありません。温泉があるコースって、ニュージーランドには無いと思います。

あとJGNZの1番の売りは、とにかくどこも空いていることです。練習場は誰もいないので必要なドリルに邪魔されることなく集中できますし、コースは前が詰まるだ、後ろから打ち込まれただ、なんてこととは無縁です。3ボール使っていろいろ試しながら自由にラウンドできますよ。これは、ニュージーランドの中でも特別な環境です、町中のコースでは、こうはいきません。

あ、そうそう、これは大事なことかもしれません。JGNZではカートは使いません。こっちでカート乗ってるのはお爺ちゃんとお婆ちゃんだけです、もしくは観光客か、某国系アカデミーのボンボン達か。カート乗ったら、もうスポーツじゃないでしょゴルフって。というのが親父の持論なので、ジュニアのみんなには手引きカートで全部歩いてもらいます。担ぎたい人は担いでも構いませんが、とにかくカートはダメです。

最後に、アドバンスト ゴルフ スタジオ。以前にも紹介した、フライトスコープとサムパットラボを使えるスタジオです。ここで得るスイング、ストロークデーターは上達にはかかせません。クラブの修正などにも対応してくれます。場所はランギオラ高校からなんと1分(もかからない)。


以上、ゴルフの腕を磨く環境としては、自信を持ってお勧めできます。とりあえず、一度短期で下見に来てみるなんてのはいかがでしょう?






にほんブログ村 ゴルフブログへ