7B44B83E-F7B8-4A37-9944-82639616DFCB


今週はこの人、勉強が忙しくて、ゴルフなんかやっている暇は無いそうです。😐 朝から晩まで学業に専念の日々、いいですねぇ。👍 大学生なんだから当たり前なんだけどね。。。あ、因みに専攻はスポーツマネージメント、40年後にはニュージーランドPGA🇳🇿の会長とかになってたりして。🤪



20200520_140646


ということで、今週は桃花とマンツーマン。今日はランチの後に、ウェッジの打ち込み。写真では見えないかもですが、75、85、95ヤード先にターゲットとしてツアーステイックを刺してあります。今日のディスパーションは半径3m(ちょっと広め)、これはテニスボール🎾を前後左右に置いて、打席から確認出来るようにします。打席は前後にスペースが5mあるので、この設定で75ヤードから100ヤードのウェッジ練習が出来るという訳です。

JGNZキャンプでは大抵の場合、どのクラブを、どれぐらいの振り幅でというマトリックスの作成から始まります。が、桃花はそのあたりはクリアーなので、良いライから、ディボットから、サンドから、ラフからと、ライの良し悪しに関わらず、75ー100ヤードを3ヤード刻みで、このディスパーションに収められるように練習します。

これをポイント制(ディスパーションに入ったら1点とか)にしたり、プレッシャードリル(ディスパーションに入らなければ最初からやり直しとか)をやったり、1球づつパッティンググリーンへ移動して(ディスパーションに入れば3mから、入らなければ6mからとか)バーディーの数で競ったりすると、更に楽しめます。👍

これぐらいの距離の練習で大切な事は、ターゲットグリーンをヒットしただけで満足するのではなく、現実的なバーディチャンスと言えるディスパーションをヒット出来る様に練習することです。


と、たまには皆んなの役に立つことを書いてみた、つもり。。。🙄



みんなクリックしてね。↙️

にほんブログ村 ゴルフブログへ


*新型ウイルスの状況がある程度収束するまで、ゴルフキャンプ、ゴルフ留学の受け入れは行っていません。1日も早い収束を、ただただ願うばかりです。🙏


ゴルフキャンプの様子を写真満載でご覧いただける「ゴルフキャンプ、こんな感じでやってます」のページがJGNZウェブサイトにアップされました。是非、皆さまご覧下さい。🤗