20200317_182624


昼飯抜き、晩飯無しで、アサインメント提出に8時間掛かった翌日は、スタッツの入力です。我が家では、一磨はShots to Hole、桃花はDecade Golf、というアプリを使っています。


前にも書いたと思いますが、、、、

こういうデータ分析アプリはとても役に立ちます。今の自分に出来ること、出来ないこと。ホームコースでは出来るのに、トーナメントになると出来ないこと。PGAのプレーヤーには出来るのに、自分には出来ないこと。去年は出来なかったのに、今年は出来る様になったこと。または、その逆。などなど、自分のパフォーマンスを正しく評価する為の情報を沢山得られます。


でも、皆んなスタッツを記録しないですよねぇ。😩 良くて、フェアウェイヒット、パーオン、パット数を書いている程度。あとはラウンド後の感想かな。<悲しいことに、プレーヤー本人の感想と自己評価は、著しく的外れなことが多い。😑


的外れな評価をすれば、当然、的外れなことを練習する。的外れな練習に時間を費やせば、トーナメントで結果が出ない。結果が出ないから、更に一生懸命、的外れな練習を頑張る。だから、また試合で結果が出ない。

このループから抜け出す為の第一歩は、スタッツの管理を行うことです<ほんの第一歩だけどね😅。

トーナメントで結果を出す為には、何をどうやって練習しなければいけないのか。<スタッツにヒント有り

その答えを基に、必要な練習が出来る環境を見つけること。

競技ゴルフのスタートラインに立つ為のプロセスは、極々簡単に言うと、こんな感じだと思います。


中学生ぐらいからこのプロセスを理解出来たら、(プロになる云々は抜きにして)ゴルファーとしての可能性は大きく広がると思いますが、、、、


まだ、これでスタートラインに立っただけですからね。😓


自分が成り得る最高のゴルファーになる道のりは、果てし無く長いのです。😞


まぁ、何事も一歩、一歩。先ずは、スタートラインに立てるように、ジュニアゴルファーのご家族は、色々と考えてみると良いと思います。🤗





3E3CBEF7-ADBD-4324-B791-A2E8B29319EB




みんなクリックしてね。↙️

にほんブログ村 ゴルフブログへ


*新型ウイルスの状況がある程度収束するまで、ゴルフキャンプ、ゴルフ留学の受け入れは行っていません。1日も早い収束を、ただただ願うばかりです。🙏


ゴルフキャンプの様子を写真満載でご覧いただける「ゴルフキャンプ、こんな感じでやってます」のページがJGNZウェブサイトにアップされました。是非、皆さまご覧下さい。🤗