4D536DC1-C598-4440-8508-9ED825097B03

ペガサスでは、スナッグゴルフの教室が定期的に開催され、ランギオラでは、子供達が実際にコースに出てラウンドするプログラムが行われています。ペガサスは小学校低学年向け、ランギオラは高学年向け。ポイントは、どちらも授業の一環として行われているということです。
当然、ゴルフ場側に「一般のお客様の迷惑になりますので。。」という感覚はありません(あったら、こんなこと出来ない😶)。なぜなら、“一般のお客様側”は、練習グリーンを賑やかに占領する子供達を微笑んで見守っているからです。

要するに、みんな大らかなんです。🇳🇿


どこのゴルフ場でも、ジュニア向けのグループレッスンが放課後か週末に行われています。参加費は、無料か、有料でも100円とか200円とかです。道具も無料で貸してくれて、打ち放題。うちの2人も、この無料グループレッスンがゴルフのスタートでした。


子供達に思いきりゴルフを楽しんで欲しいと思ったら、家族でニュージーランドへ移住してしまうのは、正直かなり手っ取り早い方法だと思います(うちはゴルフと無関係でしたけど)。

海外移住がもし非現実的なのであれば、リオンさん、ゆうきくんのように年間単位で、お子さんだけでニュージーランドへ留学するという方法があります。

日本で中学を卒業して高校の3年間、もしくはこちらのシステムに合わせて、ハイスクールの5年間をニュージーランドで過ごして、ゴルフに取り組む。高校を卒業する頃には(もちろん本人のやる気次第ですが)、ゴルフの面でも、語学の面でも、進路の選択肢は大きく、大きく広がることでしょう。


うちの2人は、グループレッスンでスタートしてから、オフィシャルハンデ取得、毎週末大人に混じってクラブコンペに出ながらハンデが減った増えたに一喜一憂し。🥳😢 ネットで勝負するジュニアインタークラブ、ジュニアトーナメントに出場したり。すっかりゴルフにハマった2人は、地域のU15、U19でグロススコアーで競技を楽しむようになり。その頃には大人のインタークラブでプレーしたり、全国大会にもいくつか遠征するようになり。時々、メダルをもらって帰ってくるようになると、更に競技ゴルフにのめり込み😆、ナショナルチーム、海外遠征、ゴルフスカラシップ、世界アマチュアランキング(WAGR)といった言葉が食卓で聞かれるようになり。😑


で、今日は何が言いたいのかといえばですね。ニュージーランドのジュニアゴルフの環境には、良い意味で、レールがしっかりと敷かれている(しかも間口が広い)。練習次第では、誰にでもちゃんと世界へ通じるルートが用意されているんだよ、ということなんです。が、



なんとなく伝わってますでしょうか?🙄



F3903863-0D4E-439A-A96B-D94573DC9E82










みんなクリックしてねー。↙️

にほんブログ村 ゴルフブログへ


次回JGNZ個別説明会は、7月10日の午前中と7月17日の終日です。場所は、今回も都内の上野駅周辺を予定しています。
ニュージーランドでのゴルフキャンプ、ゴルフ留学に興味のある皆様からのお問い合わせを、お待ちしております。🤗



日本の夏休みに合わせたJGNZゴルフキャンプの参加者募集を開始しました。
夏休みをちょっとだけ延長して、9月4日からスタートするニュージーランドU19選手権にも出場、なんていうプランもおススメだと思います。詳細は、お気軽にお問い合わせ下さい。✌️


ゴルフキャンプの様子を写真満載でご覧いただける「ゴルフキャンプ、こんな感じでやってます」のページがJGNZウェブサイトにアップされました。是非、皆さまご覧下さい。🤗


ニュージーランドのトーナメントスケジュール
参加者募集でーす。ニュージーランドのトーナメント、と〜っても楽しいですよ。❤️