今日はインタークラブをプレーしに、一磨はラスリーへ、そしてリオンさんはワイマイリビーチへ。ペガサス代表チームとして、せがれがナンバー1、リオンさんがナンバー2をプレーします。

送迎はクラブが担当してくれるので、親父は貴重なオフを満喫中。☕️🤗

外はなんだか風が吹いてきましたよぉ、ドキドキ😨

てか、リオンさん英語だいじょうぶかなぁ、ドキドキドキ😅



さて、今日のブログはWAGR、世界アマチュアランキング対象トーナメント参加者の募集です。


image

10月4ー7日 ヘアウッドオープン(ヘアウッドGC)



image

10月20-22日 カンタベリー ストロークプレー
(ワイマイリビーチ GC)



image

10月31日ー11月4日 ニュージーランド アマチュア
(ワイラケイ インターナショナル GC)





日本のトーナメントがひと段落した時期に、ニュージーランドで海外トーナメントに挑戦してみませんか? というご案内。既に世界ランキング入りしているのであれば、貴重なWAGRポイントを稼ぐチャンスです。まだWAGR入り出来ていなければ、世界アマチュアランキングに入るチャンスです。

WAGRランキング 、日本だと気にしていない、というかWAGRそのものを知らないジュニアが多いと思いますが、世界に出るとこのランキングがとーっても大切なんです。全ての基準がこのWAGRと言っても、言い過ぎではありません。

将来世界で活躍することを夢見るのであれば、アマチュアのうちから世界基準で自分の立ち位置を把握することが大切です。それには、まずWAGR入りを果たさないことには、始まりません。

ある意味、日本は鎖国状態ですからね。狭ーい国内での切磋琢磨も大切ですが、過度な競争の中では、本当に優れた才能が消えていくという懸念が、実際に起きていると思います。

層の厚さとレベルの高さ&将来性は比例しない、というのがポイント。🤔
海外から見ると、嫌な言い方ですが、才能の潰し合いになっていなければ良いな、と。🙄
それに気付いて、ジュニアのうちから海外へどんどん出て行くケースもありますし、アメリカの大学でゴルフを続けるジュニアも徐々にですが増えていますよね。

日本に居ながらにして、それに気がつくって"賢いなぁ"と感心してしまいます。


アマチュアの時から世界基準を意識していないと、ある日突然海外からやって来た女子大生にプロツアーで圧勝されてビックリしたりするわけです。😁

ちなみに、あの女子大生はWAGRランキング8位です。


まぁ実際問題、学校や大学をひと月も休めるかと言えば、「無理に決まってるでしょー😤」なのかもしれませんが😖、ダメモトで募集してみた次第。1試合でも、興味があればお気軽にご連絡ください。

参考までに、NZナショナルトーナメントのレベルは、
女子で言うと、アマのカツミナミが初めて来た時は勝ちました。次の年はハタオカナサも来ましたが、2人とも勝てませんでした。でも、2人ともトップ5には入ったと思います。
男子は、3-4アンダーを4日間打ち続ければ、勝機はあると思います。
そんな感じです。

まぁ、WAGRうんぬん以前に、1人でも多くのジュニアに、「海外にはこんなに楽しいゴルフトーナメントがあるんだぁー」ということに、ニュージーランドで気が付いて欲しいだけなんですけどね。😘





みんなクリックしてねー。↙️

にほんブログ村 ゴルフブログへ


 
ウェブサイトに9月から年内のトーナメントスケジュールをアップしました。JGNZのサポートを利用して、WAGR対象試合に挑戦してみませんか? 英語環境の中でプレーするトーナメントは、素晴らしい経験になること間違いなしですよ。😍

JGNZ夏休みゴルフキャンプの募集もスタート。蒸し暑い夏の日本を脱出して、ポカポカ陽気の冬のニュージーランドで一緒に練習に励みましょう。💪