アメリカの大学ゴルフ部に進学した姉と、ニュージーランドでゴルフに熱中する弟の活動記録を、ティーチングプロの親父が綴ります。
ニュージーランドへのゴルフ留学サポートとゴルフ民泊もやってまーす。
詳しくはこちらまで https://www.juniorgolfnz.com

にほんブログ村 ゴルフブログへ

夕暮れなので写真がちょっと暗いですが、昨日は2人がマッチプレー対決。同じホワイトから9ホール、2840メートル。ってことは3150ですかね、ヤードで。



image



ミスショットが沢山、惜しいパットも結構ありましたが、昨日は2人ともバカみたいなミスが無かったので、親父は穏やかな気持ちで2人のプレーを眺めることができました。そうそう、最近、真田丸のオーケストラが耳から離れないんですよねー。特にフェアウェイをボーッと歩いている時。って、どーでもいいですね、はい。

で、マッチプレーはネーネが2&1で勝利、ストロークはイーブンパーと1オーバーでした。ネーネがアメリカへ出発するまであと1ヶ月、弟よ、なんとか1回ぐらいギャフンと言わせようぜ。あ、もしかして"ギャフン"って死語!?



image


娘が友人宅からもらってきた、家庭菜園のカボチャ、デカイですねぇ。こういう大きいカボチャって、ハロイーン用とかで、食べるもんじゃないと思っていたんですが、デザート作ったらとーっても美味いんでビックリしました。もちろん、デザート作ったのは親父じゃないですよ、僕は食べるの専門です。



   

にほんブログ村 ゴルフブログへ


昨日はクライストチャーチのジュニアトーナメントに弟が出場。通勤ラッシュを考慮して朝の暗いうちに出発、ええ、ヒツジばかりのニュージーランドでも交通渋滞はあるんですよ。オークランドなんて渋滞ほんと凄いんですから、ありゃ日本の都市部となんら変わりありません。とても住めたもんじゃありません、あ、言い過ぎました、ごめんなさい。


image


さて、天気は快晴、でも南風が強くて寒かったです。成績の方は今回もパッとしませんでした。パット数は相変わらず多くて36、GIRも9ですから話になりません。同年代のライバル達にもすっかり水をあけられましたね。まぁ、朝グローブ忘れてる時点で期待薄でしたけど、予想通りでした。とりあえず、本人心を入れ替えて励む所存らしいので、しばらく様子を見てみようと思います。まずは、整理整頓、忘れ物を無くすことから。って、いくつだよお前。親の顔が見てみたい、ハー。

image
 
3番ホールにいた、人懐っこいネコ。横になって"撫でれ撫でれ"のポーズ。スリーパットボギーを目の当たりにした親父の心も癒されます。


   

にほんブログ村 ゴルフブログへ


昨日、今日ととても暖かくて快適な陽気のカンタベリーです。Tシャツとまではいきませんけど、ゴルフには最適な気温です。あーこのまま春になるといいなぁ。そうそう、NASAちゃんワールド2連覇達成、オメデトウ。もしかして、2連覇って史上初ですかね、すごいなー。去年のNZストロークプレイで会った時は、"パットがヘタなんですー"って言ってたけど(練習グリーンで見る限り本当にヘタだった、あ、ごめん)、猛練習したんでしょうね、きっと。プロでの活躍が楽しみです。今年かな来年かな、QT。



image
キャンプのお土産、お、かっこいじゃん、ゴルフシャツ

夕方家に帰ると、息子が3日ぶりに戻ってきていました。有難いことに、ニュージーランドゴルフのトレーニングキャンプに召集されてたんです。南島から男子5人女子3人。って書くとエリート集団っぽいですが、まだまだニュージーランド代表の3歩、いや4歩手前のレベル。でも、トラックマン使って、サムパットラボやって、3Dバイオなんちゃらで動きを測定してと、ネーネが代表キャンプでやることと同じようなメニューだったらしいです。本人とても楽しかったらしいです、良かったヨカッタ。


image
これぐらい寄せてくれれば、親父の血圧も安定してます

一方、ネーネはチップとパットの練習3時間、そのあと昨日の続きをコースで3時間。
親父の思う競技ゴルフの肝は(他にもたくさんあるけど)、20m以内から3打使わないこと。グリーン上でも、ラフでも、バンカーでも、ディボットでも、上げても、転がしても、どういう状況でも、20mからは2打であがる。これ我が家の鉄の掟なんですが、2人ともしょっちゅう破ってくれるんで困ってます本当に。



   

にほんブログ村 ゴルフブログへ

ショットメインのプラクティスラウンドをして来ました。いつも言っていますが、こんなことが出来るのは田舎者の特権、ノース・カンタベリーサイコー。あ、もちろんディボットとボールマークはしっかり直します、はい。

image
今日のペガサスゴルフクラブ、我らのホームコースNO2


さて、現在の懸案事項のひとつ、ネーネのスイング。ようやく光が見えてきた、かもしれないです。
ハンデ+3.4なんて言ったってですね、まだまだなんですわ、特にショットは。毎日、ショートゲームとメンタルの練習だけで精一杯ですからね、学校もありますし。まぁ正直、イーブンパーで回るだけなら、それだけで十分なんですけどね。ショットなんて後ろに飛ばなければそれでOKというのが、親父の持論ですから。

でもですね、4日間アンダーパーを積み重ねることを目標に設定すると、そうも言ってられなくなるんですよね。どうしても、ショットの精度が必要になってくるわけです。で、スイングの練習を少し増やしてかれこれ1年になりますかねー。そこそこコンスタントにアンダーで回れるようになってきたのが半年前、そしてようやくつい最近、本人のイメージする球がポツリポツリと打てるようになってきました。

長かった…😭

ただ、今はまだ体の動きを意識しながらであれば、打てるレベル。試合モードでルーティーンに集中してその動きが出来るようになるには、もうしばらくかかることでしょう。でも、今日のコースで少し明るい光が見えたので、ここに書いておこうと思った次第。


   

にほんブログ村 ゴルフブログへ

サンディエゴで開催されているIMGジュニアワールド、今年も15-17の女子は日本の選手が強いですね。実はうちのも去年出場したんです、ニュージーランド代表で。予選はどうにか通過したんですが、残念ながら上位には食いこめませんでした。だって、ムチャクチャレベル高いんですもん(笑)。
まぁ、試合の結果はともかく、本人にはとても良い経験だったと思っています。なんたって、16歳の娘1人でアメリカへ行かせましたからね、あはは。ほんと我ながらデタラメ親父です。が、アメリカという国がどんなところなのか多少なりとも肌で感じることは出来たと思いまする。

さて、このジュニアワールドには大学ゴルフ部のコーチ達が大勢見にきているんです。アメリカの大学への進学を考えて日本から来ている子達は少ないと思いますが、うちのは主にリクルート目的でサンディエゴへ行かせました。事前に本人からコーチ達にコンタクトして、"ワールドに出るので是非私のプレー見にきてください!"ってアピールしてね。懐かしいなー、あれからもう1年。
そして来月にはもうアメリカへ旅立つってんですから、ほんと時が経つのはあっという間ですわ。



image


話飛んで、昨日はエックス・ゴルフという、ゴルフのゲームセンターみたいな所へ遊びに行ってきました。2人はオーガスタとペブルビーチにチャレンジ。ペブルビーチは難しいですねぇ、2人ともOB打ちまくりでした。
この X GOLF 、場所はクライストチャーチ空港の近くですから、日本の皆さんも南島にお越しの際は是非。雨の日に遊ぶには最高ですよ。



   

にほんブログ村 ゴルフブログへ


日本の皆さんには、ハ??って感じだと思いますが、はい、ここニュージーランドは真冬でございます。OZ帰りの2人は、"クイーンズランドに帰りたいー"が口癖になっております。暖かいらしいですねー、クイーンズランド、Tシャツでも暑かったそうですよ。そりゃそうですね、日中25度あるそうですから、それってカンタベリーの夏の日中気温です。その快適な陽気の中、ホームステイからゴルフカートに乗ってトーナメント会場に送迎されてたっていうんですから、そりゃー帰りたいでしょう。


image
見えますかねガラスの霜、毎朝こんな感じです


オーストラリアでは新たに知り合いもたくさんできて、フェイスブックのフレンズリクエストがたくさん来るらしいです。主に一緒にプレーした子達なんでしょうね。そうやって交友関係が増えていくのはゴルフのいいところです。
日本のジュニアゴルフはこの辺りどうですか?日本は競争が異次元に激しいのは分かりますが、せめて海外のトーナメントでは"ナイスショット!"の声ぐらいは掛けましょうね。英語できなくても、それぐらいは言えるでしょう(笑)。日本の子と回ると"アノコヒトコトモシャベラナカッタ"なんて話もちょくちょく聞きますから。ラウンド中の当たり障りない会話ぐらいはできるように、日本のコーチの皆さん、英会話も学ぶように是非指導してあげてください。

話飛びましたが、気候の面では6-8月の3ヶ月はクイーンズランド、残り9ヶ月がニュージーランドの南島、っていうのがゴルフをやるには理想の環境でしょうねぇ。あ、その間を取ったのが、北島のオークランドなのかも。南島と比べるとちと雨多いですけど、その分、冬は明らかに南島より暖かいですから。いつも思うんですけど、なーーんで高温多湿な地域とか、30度はもちろん40度も超えるような国が、日本のゴルファーには人気なのかなーって。
集客には、ゴルフだけじゃなくて、プラスアルファの部分が大切なのでしょうね。ニュージーランドはその点、大自然ぐらいしかないもんな。あとは、ワインとアイスクリームぐらいか。
もうひとつは、国として"この素晴らしいゴルフ環境を海外にアピールするぞ!"っていうやる気かな。明らかに劣っているもんな、ニュージーランド。笑


image
昨日のプラクティスラウンド、朝晩寒いけど日中はポカポカ陽気です


うちの2人は寒い寒い言ってますが、日本や東南アジアの蒸し暑さを知らないからなんですよ。いったん、日本へ送り込んでやるか。そしたら、ニュージーランドでゴルフできる有り難みが分かるだろう。



   

にほんブログ村 ゴルフブログ キッズ・ジュニアゴルファーへ


オーストラリアから戻った翌日、弟はクライストチャーチのジュニアトーナメントに出場しました。そのラウンドでパット数42を記録。グリーン14ヒットしても、パットが42じゃーね。新記録かと思いきや、あと一息、本人のワーストは45だそうです。3年前ハンデが20とかの頃ですけど。ハンデ0でその記録に迫るとは、旅疲れか、寒さなのか。いや、これがゴルフの難しさの象徴なんでしょうね。一生懸命練習しても、経験を積み重ねても、コースに跳ね返されることが無くならない。リディアだって3オーバー打つんですから、ほら。
練習、挫折、練習、挫折の繰り返し。それでも諦めない者だけに時々(ほんとうにたまーに)ご褒美が与えられる。良いスコア、良い順位が成功だと思ってたら親もやってられません。成功とは、諦めずに努力し続けること。親父はそう思うように日々努力しています。<コレヒジョーニムズカシイアルヨ


image
ここのバーディーパットもスリーパットだったなぁ



気分変えて、美味しかったものでも思い出そ、先週末のワインとか…



image



 

   

にほんブログ村 ゴルフブログ キッズ・ジュニアゴルファーへ



image


来週はこんなに良い天気予報だったんですねぇ、シドニー。とても残念。でも、弟はまた来年も行かせてやりたいと思っています。ちゃんと練習するようになったら、だけど。


さて、始まりましたね、全米女子オープン。注目はもちろん、我らの(こういう時は親父もニュージーランド人)リディア・コー。今朝のリーダーボードによると、いい位置で決勝ラウンドに進めそうですね。頑張れ、リディア。
ところで、姉は来月からアメリカの大学に進学するんですが(いわゆるゴルフスカラシップってやつ)、その大学の先輩が今回3人出場しています。その1人ダニエル・カーンが良い位置にいるので、あと2日期待しています。インスタグラムかなんかによると、リディアとダニエルは大変仲良しらしいです。どーでもいいですね、はい。

image


あと注目は、今年のニュージーランド女子オープンで一緒にプレーしたエンジェル。エンジェル、本名です。すごいですね、自分の娘にエンジェルっすよ、愛に溢れてるなぁお父さんお母さん。ゴルフ界には、プリンセスっていう子もいますよね、その妹はイーグルエースって知ってました?。ネタかと思ったんですが、いやいや本当らしいですよ。

で、このエンジェルも全米女子オープンに出場しています。この時キャディしたんですけどね、エンジェルすんごい良い子なんです。ほんと大きなエンジェルって感じ(そのまんま)、親父はすぐにファンになりました。今回はどうやら予選突破は厳しそうですが、すんごい球打つんですよエンジェル。なんたって、このサイズですからね、男子プロ並みのハイドローでしたよ。うちのがドライバーで打ってるとこ、突き抜けないようにアイアンで打って横に並んでましたもの。

で、ふと思ったんですが、レキシー・トンプソンちゅうんはエンジェルと同じぐらい飛ばすんかな?と思って、昨日のスタッツ見ていたら、やっぱり同じぐらい飛ばすんですねー。2人とも270ヤードだそうです。そうかぁ、あんな球を打つ女の子が他にもいるのかぁ、やっぱりアメリカは凄いなぁと思った次第。

でもね、ここまで書いといてあれですが、競技ゴルフはパットです。とにかくパット。

皆さん、そう思いません?



   

にほんブログ村 ゴルフブログ キッズ・ジュニアゴルファーへ


昨日の第3ラウンドは昼過ぎ早々に中断、残りを今日の朝からプレーしました。結局、最終ラウンドはキャンセルとなり、トーナメントは54ホールに短縮という残念な結果に。今日36ホールやるには、天候を考えると無理があったのでしょう。
ちなみに、こちらでは1日に36ホールをプレーする大会は沢山あります、もちろんジュニアゴルファーもたくさん参加します。更には、36ホールを2日間プレーする72Hトーナメントなんてのもあるんですよ。日本ではあまり無いらしいですね、1日に36ホールをプレーすることって。日本でやったら、お金が大変なことになっちゃいますもんね。プレーフィーっていうんでしたっけ!?、そんなもん無いんですよ、ニュージーランドには。かといって、アメリカのようにエントリーフィーに含まれてるわけでもなく、ほんと純粋にエントリーフィーだけ払って、トーナメントをプレーできるんです。


image
写真は想像したイメージです

 で、つい先程終わった第3ラウンドのスコアーと最終順位は、弟が10オーバーで44位タイ、姉が4オーバーで4位タイとなりました。この結果に満足はしてないでしょうけど、とりあえず終わってホッとしていることでしょう。おつかれー。
本人達が好き好んで競技ゴルフなんかやっているとはいえ、親としては、良い天気の下でプレーさせてあげたかったですねぇ。雨でも条件は皆同じってその通りですけど、皆同じなら尚更、天気良い方が楽しいじゃないですか、ね。

ちなみに、親父は人と競おうが競うまいが、上手かろうが下手クソだろうが、楽しいゴルフこそが王道だと思ってます(競技ゴルフこそが本物のゴルフとか聞くと寒気する)。なので、今回のトーナメントで、ゴルフが嫌いになった子がいないことを祈るばかりです。

あ、うちのは心配ないですけどね、ゴルフ馬鹿ですから2人とも。




image
週末のお楽しみぃ





   

にほんブログ村 ゴルフブログ キッズ・ジュニアゴルファーへ

リーダーボードにアンダーパーがいなくなりました。
風速30kmの予報と書きましたが、コースでは50kmの瞬間風速を計測したそうです。そりゃー、トランドラーはひっくり返るし、グリーン上のボールだって動きますね。って、それ一時中断レベルじゃね!?けど、エントラント260名、風おさまる予報無いのに中断したら、トーナメント成立しないですからね。主催者も大変だったでしょう。とにかく、選手がみんな無事で良かったです。

と、まずはしっかり言い訳をしておいて、っと。

image
シェリービーチ、プラクティスラウンドにて

 2人のラウンドは姉が6オーバー、弟が8オーバーでございました。姉からのメッセージは、"強風の中のショートゲームをもっと練習しないといけない"と反省の弁が記されていました。一方、弟からは、"風がすごいよりもスゴくてもう"とカタコトのメッセージが来ました。そう、5歳でこちらに来た弟は日本語が少し怪しいんです。当時8歳だった姉は、多少漢字の書きに難がある以外は、完璧なバイリンガルに成長しました。子供には小さい時から英語をと言いますが、海外移住という意味では、5歳は少し早すぎるかもしれません。家の中が日本語、というだけでは、正しい日本語は身につかないままに成長していくと思います。だから海外各地に日本語学校っていうのがあるんですけど、うちは遠かったので行きませんでした。ま、その結果が今ここにということで。

 話戻って、トーナメント。初日に3アンダー、1打差のトップでスタートした男子が昨日7オーバーの大叩き。でもその子がまだ1打差の2位って、みーんな昨日は苦労したんですねぇ。笑
お陰様で、うちの2人も順位は多少下がったものの無事に予選通過を果たしました。姉がトップと5打差の6位タイ、弟はトップと8打差の35位タイで3日目をスタートします。今朝の予報では、強風は今日一杯続くそうで1時間2mmの雨が降り続くとのこと。親父は、スコアーうんぬんよりもトーナメントが成立するかどうかが心配になってきました。せっかくオーストラリアまで行かせたんですから、天気ばかりは仕方ないとはいえ、最後までプレーさせてやりたい。





さて、突然ですが、今日の一品はこれ。(っていうブログにしちゃう!?)

image

ジャジャーン、牛丼!!ご飯モリモリっす、って育ち盛りの2人は留守なんだけど。付け合せには冷奴、そしてきゅうり大根の浅漬け。ニュージーランドでも豆腐や大根ぐらい手に入るのだぁ。
ということで、日本の食事で安心の"ごるふ民泊"よろしくぅ。ホームページはこちら。
 


   

↑このページのトップヘ