アメリカの大学ゴルフ部に進学した姉と、ニュージーランドでゴルフに熱中する弟の活動記録を、ティーチングプロの親父が綴ります。
ニュージーランドへのゴルフ留学サポートとゴルフ民泊もやってまーす。
詳しくはこちらまで https://www.juniorgolfnz.com


   



image



この11月、ニュージーランドゴルフ連盟が全国で展開しているキャンペーン、She Loves Golf。もっと女性にゴルフをやってもらおう、という企画です。去年から始まって、かなり評判良かったようで、今年で2年目になります。


image


親善大使はもちろんこの人、リディア コー。「楽しくなきゃ、やる価値ないでしょ」って、この人が言うと説得力が違いますね。😁


image

 フィールドホッケーのナショナルチーム、Black Sticksの面々もゴルフにチャレンジするようです。運動神経抜群でしょうから、あっという間に上達しそうです。
タンクトップだっていいじゃんね、可愛ければ。😜



image
 
スコアーつけなくてもOK、TシャツだってOK、フェアウェイでティアップしたってOK、晴れた日に芝生テクテク歩いて楽しくやりましょうよ。いいじゃない、ワインが美味しければそれで。っていうのがテーマらしい。


まぁ、日本じゃまずあり得ないような企画ですね。😜
同じゴルフでも国が変わればこうも違うのですよ、ということで紹介してみました。photo: NZ GOLF


親父も、子供達には厳しいこと言いますが、基本、"ビールが美味ければそれでいいじゃん"派なので、応援してます She Loves Golf。




*夏のニュージーランドで一緒に楽しく練習しませんか?JGNZゴルフキャンプのお問い合わせ、お待ちしてまーす。少人数制のJGNZならいつでも空いてますよぉ〜、コースも練習グリーンも。





⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   


ウソのような本当の話が、昨日、NZゴルフ連盟から正式に発表になりました。


image

 
桃花が、1月にリディア コーとのキャンプに派遣されることになりました。場所は、リディアのベース、フロリダのオーランドだそうです。これは、ニュージーランド女子オープンで予選通過して以来の、ビッグニュースです。

NZゴルフの公式発表



image
オーランドか、いいなぁ。親父も連れて行って。🙏




ダメ、あっそ。😾


さて、そのリディアは今週日本のトーナメントに出場します。頑張れぇー。

image



 

*夏のニュージーランドで一緒に楽しく練習しませんか?JGNZゴルフキャンプのお問い合わせ、お待ちしてまーす。少人数制のJGNZならいつでも空いてますよぉ〜、コースも練習グリーンも。





⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   


image

ランギオラには屋内温水プールがあるんです。って、いきなり自慢することかい!とお思いでしょうが、ニュージーランド南島を侮るなかれ。おそらく、屋内プールなんて南島全土で、10施設無いと思います。😅
使用料は、確か$2.50ぐらい。場所は、Farmersから徒歩5分。


image

プールの隣は、地元キッズの遊び場、スケートボードパーク。この規模は日本じゃそうそう無いと思います。こういうところで、地元の子供達と遊んでいれば、英会話なんてあっという間に覚えちゃいますね。
町のはずれには、ナショナルやる本格的なBMXトラックもあります。アクションスポーツ系の留学サポートもできるな、ランギオラで。😁

image

この写真はウェブからもらってきました。ランギオラ高校に併設されている、トレーニングジム。ZUMBAのクラスが人気らしいです。高校の裏には、本格的なトランポリン センターもあります。どれぐらい本格的かというと、世界選手権行くような選手が練習するレベル。でも、子供達のお誕生日会にも開放してくれる敷居の低さがニュージーランドならでは。
ジムの横はテニスコートが6面、誰でもタダで使えます。屋内ではスクワッシュもできるけど、そっちは有料。


image

ハイストリートにあるカウンシルの建物、日本でいうところの町役場。国が変われば、お役所の雰囲気もここまで変わります。😘



image

町役場の裏手は図書館。ゴルフの練習がオフの時は、図書館で勉強しましょうね。うちの2人はやりませんけど。。。😓



image

これぞ、ラグビー大国。ラグビーピッチが10面は取れる芝のフィールドなんて、どこにでもあります。このサウスブルックパークはうちから徒歩1分。朝のジョギング、散歩には最適です。朝はおじさんがラジコン飛行機をよく飛ばしています。これからの季節はクリケット場になります。




image

ハイストリートから一本入れば、こんな並木道が続く閑静な住宅街です。ランギオラは治安良いですよ、田舎ですからね。市街地と違って、危ないストリートとかヤバイ地域なんてランギオラにはありません。それでも、夜中は出歩かないようにしましょうね、念のため。



image

うちの近所は比較的最近造成された新興住宅街。Farmersまで歩くと10分ぐらい。サマーキャンプでは、我が家にホームステイしてもらいます。日本語通じるし、食事も日本と同じなので、英語圏とはいえだいぶ敷居は低いですよ。長期留学の下見にもお勧めです。




image

新興住宅街とはいえ、ネイティブの自然を残した保護区(リザーブ)がすぐ近所にあります。ここも親父のお気に入り散歩コース。😁



*夏のニュージーランドで一緒に楽しく練習しませんか?JGNZゴルフキャンプのお問い合わせ、お待ちしてまーす。少人数制のJGNZならいつでも空いてますよぉ〜、コースも練習グリーンも。





⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   


image

表彰のことが新聞に掲載されているそうなので、記念にリンクしときます。


さて、バカ親の自慢話はこれぐらいにして、今日はJGNZの地元、ランギオラの町の紹介です。

親父が田舎、田舎と言うからでしょうか。先日親御さんから「生活に必要なものは近所で手に入るんでしょうかぁ?」と真顔で聞かれてしまいました。😂

ニュージーランドの田舎って、皆さんやはりそういうレベルを想像しますか?😅

確かに、親父たちが最初にニュージーランドに移住した集落は、牛乳一本買うのに、車で10分、トイレットペーパー買うのに車で25分でしたから、近所では何も入手できない場所もあるにはありますが、ランギオラはそこまで田舎じゃないよ、というのが今日の話。

写真多めです。撮影は全部うちのママです。


何度も書いていますが、ランギオラはクライストチャーチ国際空港から車で25分。ローカルのゴルフトーナメントは大抵クライストチャーチ市内で開催されるので、市内で暮らす人よりも朝は30分早く起きなければいけません。実質、デメリットはそれだけですね。それさえも、ゴルフするには田舎のメリットが多くて少しも気にならないですけど。


さて、


image

ニュージーランドのデパートと言えば、Farmers。ここがHigh Streetというメインストリート。


image

the warehouse、アメリカで言うとTarget、Sears、日本だと庶民のデパートって、、、何?。同じ区画に家電の大型店Noel Leemingもあります、日本のノジマ、ヤマダ電機。Iphone7,GalaxyS7など当たり前に買えます。ニュージーランドの田舎でも心配ないでしょ!?😜


image


ランギオラには、New World, Count Down x2,Pak'nSaveと全国展開のスーパーマケットがなぜか4軒もあります、しかも全部徒歩圏内。米や醤油なんかも普通に売っています。が、アジアの食品は、the Warehouseの隣のKoscoが便利。豆腐、厚揚げ、大根、ニラ、シソ、餃子の皮、カレー粉、蕎麦、うどん、海苔、うちがKoskoで良く買うのはそういうもの。ガリガリくんは子供達のお気に入り。あ、あと冬は、あんまん、肉まんね。


image


外食系は、お洒落なカフェから、Fish&Chipsに、中華にピザに、KFC&マックまで何でもあります。このPita Pitは美味しいです。ま、うちはほとんど外食しないんですけど。ママのご飯が1番美味しいので。😘

これら全部、徒歩圏内なので、ある意味大きな町で暮らすよりも、日常の買い物は便利だと思います。ランギオラ高校からも全部歩いて行ける距離です。

また、明日に続きます。



*夏のニュージーランドで一緒に楽しく練習しませんか?JGNZゴルフキャンプのお問い合わせ、お待ちしてまーす。少人数制のJGNZならいつでも空いてますよぉ〜、コースも練習グリーンも。





⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   


image

日曜日は最高のゴルフ日和でした、桜も満開。でも、ランギオラのコースに人はほとんどいません、クリケットのシーズンが始まったからかな。知ってます?クリケット。野球みたいだけど野球じゃないあれです。<説明になってない😅。 この辺りは クリケットとゴルフを掛け持ちしているジュニアが多いので、夏はクリケットへ行っちゃうんですよね。

クリケットって、世界的にはサッカーの次に競技人口が多いんだそうですよ。親父は10年ニュージーランドで暮らしていますが、いまだに点の数え方もルールもよく分かりません。😅


さて、昨日久しぶりに、ホームのランギオラに行くと、大きなサプライズがありました。

image


北カンタベリー地区のジュニア スポーツウーマン大賞に桃花が選ばれたんだそうで、素敵な盾と、目を疑うような額の小切手がプロショップに届いていました。

こういうの頂く度に、親父は思うんですよねー。どうしてうちの桃花なの?って。
いつもニコニコして誰とでも笑顔で接しているからかなぁって、ことぐらいしか思い浮かばないんですよねぇ、本当に。

ええ、もちろん親父のことは鬼のような形相で睨みますよ😤、ミスショットした時とかね。😜
親子ってどこもそういうもん、ですよね?

にしても嬉しいなぁ、この小切手。これで、来年のUS女子アマとUS女子オープンの予選会に送り出せます(本戦に行ければ、費用は大学がサポートしてくれるんです)。よーし、来年はカナダの女子アマ、全英女子アマも行っちゃうぞとか、親父の妄想はただ今爆走中っす。

ちなみに、弟の一磨は、ジュニアスポーツマンの部で最後の3人のノミネートまで残りましたが、今回は残念でした。また来年、小切手もらえるように頑張ろう。😁



image

まったく関係無いけど、バンカーショットの練習は、このラダードリルがいいですよ。これが出来るようになれば、サンドセーブ率大幅アップ間違いなし (湿った砂に悪戦苦闘中の一磨)。

ということで、(ちと強引かな、、、)

夏のニュージーランドで一緒に楽しく練習しませんか?JGNZゴルフキャンプのお問い合わせ、お待ちしてまーす。少人数制のJGNZならいつでも空いてますよぉ〜、コースも練習グリーンも。





⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   

image


昨日の放課後は、ペガサスで久しぶりにパットの10ボールテスト。そのあと、黙々とパッティングのドリル。それだけでもう3時間経過。その後ハーフを回るはずでしたが、親父が風邪気味のため(たぶん日本の風邪)、親父54°対一磨60°のチッピングコンペ、クラブの違いはハンデです。プレーオフまで行きましたが、結局一磨の勝ち。「また、ちゃんとゴルフやればいいじゃん」と息子に励まされましたが、

そんな時間あるわけねーだろ!お前らのせいだ!😠

ま、持病の腰痛もあるので。。。 親父はグリーン周りの遊びで十分です。😿

さて、「ニュージーランドってあんまりトーナメントが無いイメージなんですよねー」と、ある親御さんに言われたので、そんなことないんですよ、っていう話。

トーナメント少なかったら、リディア コーもデニー リーも出てこないでしょ。😉

全部は書ききれないので、日本からジュニア育成目的で来る場合に話を絞ります。コンスタントに75前後で周れるレベルなら、大抵、予選通過は十分狙えます。女子はカットが無いので、そういう意味ではもう少し、楽。

ニュージーランドのアマチュアにとって、2大トーナメントは3月のNZストロークプレイと11月のNZアマチュアです。来年2017の話で言うと、NZアマチュアがここカンタベリーで開催されるので、我が家から通えます。モエちゃん、チカちゃん、ヒナちゃん是非来てね。って、みんな来たら部屋足りないか。。。
3月のストロークプレイは来年は北島なので、ホストコースのホームステイ滞在になります。親父が帯同してもいいですが、余計なお金がかかっちゃいます。

あとは、9月のU19ストロークプレイも大きな大会ですが、9月頭は日本のスケジュールとぶつかりそうですね。

あとは、10月のヘアウッドオープンも我が家から通えます、皆さん是非。このヘアウッドオープンは年間6戦あるチャールズツアーの一戦です。海外ツアーで活躍できる若手プロを育てる為のデベロップメントツアーです。女子はカットが12位までなので(男子は50-60位)、お父さんは結構ドキドキできると思います。このチャールズツアーは3月中旬から4月中旬までオークランド周辺で3連戦があったりするので、ホームステイを転々としながら、っていうのも良いと思います。

親父のお勧めは、毎年2月下旬にセントクレアで開催される南島ストロークプレーですね。このコースは景色も綺麗だし、レイアウトも抜群に良いです。絶対に楽しめます、超お勧め。ただ、フォーマットが1日36ホールx2デイズなので体力も必要です。ま、気候は快適なので楽しめると思います。

親バカ自慢ですが、桃花は2年連続この南島タイトルを取りました。😁

あとは、ローカルな試合ですが、10月のカンタベリーマッチプレー、1月のカンタベリーストロークプレー(72ホール)も日本から遠征してくるには良いトーナメントだと思います。我が家から通えますし。
12月はファルドのニュージーランド大会もカンタベリーでやりますね。これ国籍関係無いから日本の子も出られますよ。勝てば、中国のミッションヒルズです。ニュージーランド代表として。😁

上手くスケジュールを組めば、短期間で2ー3試合出ることも可能だと思います。

ちなみに、上記のトーナメントは全てWAGR、ワールドアマチュアランキング対象イベントです。日本でやってると、日本アマチュアランキングを上げてナショナルチーム入りを目指すのがスタンダードなんでしょうけど、まずはワールドランキングに入らないことには…、と親父は思いますね。ワールドランキング上げてけば、ナショナルランキングは自然と上がるというのが、桃花の成長過程でしたので。

ということで、上級者向けのトーナメントを駆け足で書いてみました。もちろん、100を切れれば十分に楽しめるワンデイ・トーナメントも毎週開催されますから、是非是非、レベル、年齢に関わらずニュージーランドへの遠征をご検討ください。


詳しい日程はホームページにて。

お問い合わせをお待ちしています。🙇





⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   


昨日はトゲのあることを書いてすみませんでした。でも、皆さんご存知のようにいろんなジュニアがいるし、いろんなプログラムがあるんです。親父が見ていて、可哀想だなぁと思うこともありますし、うちのが被害を被れば怒りも覚えます(詳しくは書けませんが)。
前にも書きましたが、親父が自分の子供たちを修行に出す際に、どういう環境に送り出したいか?その答えがJGNZなわけです。その環境は他のプログラムとは明らかに違うので、ああいう書き方になりました。悪いように取らないで頂ければ有り難いです。ま、別に悪意で取られても、一向に気にしないですけどね。😜

さて、今回日本の親御さんからよく聞かれたのが、ランギオラってどうやって行けばいいの?ってことです。

まずは、クライストチャーチを目指してください。残念ながら日本からの直行便は無いので、北島のオークランドで乗り換えとなります。

外国で乗り換え?😢

大丈夫ですよ、そんな不安そうな顔しなくても。😀

船橋で総武線から京成線に乗り換えるよりよっぽど簡単です。無料シャトルバスに乗れば勝手に連れて行ってくれますから。船橋では、そうはいきません。😉

飛行機がオークランドに着いて、入国審査、ゴルフバッグなど預けた荷物の受け取り、税関検査、という行程は人の流れについていけば良いだけなので省略します。

で、税関検査終了して自動ドアを出て右を向くとこんな景色です。

image

この景色に向かってゴルフバッグ引っ張って歩いていきましょう


image

すると、ほんの30mほどでこのサインが見えてきます。
Oversize and Fragile ItemsとAir New Zealand、ここを右折すると


image
荷物を受け取ってくれるおじちゃん、おばちゃんがいます。
ここで、ゴルフバッグやスーツケースを預けちゃいます。
そしたら、今さっき右折した場所に戻ります。


image
 Air NZ Ticketing and Salesが目の前にあります。
その左手の自動ドアを外に出ます。


image
 暗くてごめんなさい。でも自動ドア出てすぐ左手がここ。
赤白のSKY BUSのサインが目印、ここで国内線ターミナル行き
の無料シャトルバスバスを待ちます。



image
この色にこれだけデカく書いてあれば間違いようがありません。
最長でも10分ぐらい待てば必ず来ます、乗ってる時間は約5分。


image
 シャトルバス降りて建物に入り右のほうに歩いていくと、
Air NZ Domestic Loungeのサインがあるのでここを入っていきます。
ここは手荷物検査



image
手荷物検査抜けると、目の前にゲート確認の案内板があるので、
矢印に従ってゲートへ向かい、クライストチャーチ行きの便に搭乗します。


image

クライストチャーチで飛行機降りて、みんなとテクテク歩いてくると、
エスカレーター降りた所が荷物の受け取り場所。
親父はここで皆さんをお待ちしています。


ここまで詳しくオークランド乗り換えを解説したサイトは、他には無いと思うぞ。クライストチャーチ市長から、感謝状が届いたりして。ナンチャッテ😜

ちなみに、クライストチャーチからランギオラまでは車で30分程、ニュージーランドらしい雄大な風景が広がる田舎町です。 オークランドやクライストチャーチといった都市部と違って、アジア人が著しく少ないのも特徴です。

近々、ランギオラの町の紹介もアップしたい思います。




⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   

2週間のスクールホリデーが終わり、今日から第4学期がスタートしました。ニュージーランドの1学期は10週間、その間に2週間のスクールホリデーが入ります。

それにしても、今回のホリデーも見事にゴルフだけで終わりました。😂 
1週目は団体戦の全国大会、2週目はカンタベリーマッチプレー。練習する暇さえないトーナメント三昧のホリデーでしたよ。

image
ほんのちっと、スタンス広すぎねーか?

さて、そのカンタベリーマッチプレー。7200ヤード越えのブラックティーでプレーした割には、予選2ラウンドのトータルが8オーバーと健闘、なんと8番シードでマッチプレーに進みました。

けど、良かったのはここまで。😅

マッチプレー初戦は、フェアウェイヒットがまさかの2。距離も長いですからね、力むとトーで打つ悪い癖も出て1回戦で完敗でした。

優勝したのは、以前にも紹介した名門ラスリーゴルフクラブのヒロキ先輩(ニュージーランド生まれの日本人)。オメデトー。彼はニュージーランド南島のU19チャンピオンでもあります、しかもまだ16歳。彼の完成度の高いゴルフにはマジでビビります。ヒロキパパは、言いたいことまだまだあるようですが。😁

にしても、カンタベリーのジュニアは男子も女子もレベルが高いです、層は薄いですけどね。😂 
なんたって、ラグビー大国ですから、ほら。この地では、女子だってゴルフよりラグビーですわ、圧倒的に。

でも、層の厚さが直接レベルの高さに繋がらないのは、ゴルフの世界ではよく言われること。例えば、先週のアジアパシフィック。上位4名がOZ,OZ,KIWI,OZって南半球の選手がよく頑張りましたよね。

ほんと、ゴルフをやる環境は大事だと思いますね。単に層が厚いだけだと、狭い池で才能の潰し合いしてるだけですから。。。。ってのは言い過ぎか。🙇

さて、今日から4学期がスタートと書いておきながらあれですが、明日はランギオラのプロアマ、木曜日からはプロの試合ヘアウッドオープンでプレーするので、一磨は学校休みます。
ゴルフでこんなに休めるのも今年まで。来年から卒業までの3年間は年度末にNCEAという国家試験がありますから、学業優先でいかないと本気でマズイです。アメリカ行くならSAT受けなきゃいけませんしね。

さてさて、親父は今週から日本へ出張なので、このブログも2週間ほど更新を休みます。来週のゴルフ留学個別説明会で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。まだ、空いている日もありますので、下記までお気軽にご連絡ください。できる限り対応させて頂きます。
randjnz@xtra.co.nz 、メールの件名はゴルフ留学説明会、でお願いします。

あ、そうそう、JGNZと海外ゴルフアカデミーとの違いをホームページにまとめました。宜しければ、読んでみてください。



⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   



image

英語圏へ修行に行く勇気があるジュニアを、しっかりとサポート。

 
12月中旬から1月末まで、JGNZ サマー ゴルフキャンプを開催します。定員2名の超少人数制でみっちりと練習に取り組んでもらいます。カンタベリーの夏は、カラッとした陽気に加えて気温も22ー25度なので、ゴルフ合宿にはもってこいの気候です。

詳しくはホームページにて。

皆様からのお問い合わせ、お申し込みをお待ちしています。尚、今月の日本での個別説明会にて詳しくご案内させて頂くことも可能です。まずは、お気軽にご連絡ください。


image







⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ


   



"いつかお宝写真になるかも" とは思っていましたが、早すぎるよ、ナサちゃん。こういう写真って、もう少し時間が経ってからじゃないと、ほら。。。😅

でも、せっかくだから載せちゃう。



image




畑岡奈紗、すっかり時の人ですね。

日本女子オープン優勝、本当におめでとう。

この写真、ほんの1年半前のニュージーランド ストロークプレイです。この時は、勝みなみちゃん3位、NASAちゃん5位、桃花9位とかだったと思います。

あの時は、ナサちゃん1人でニュージーランドにやって来てですね、いつでも笑顔でしたね〜。本人もそうだけど、親御さんも勇気あるなぁ、って思いましたよ。だって、ナサちゃん英語全然ダメなんだもん。😁

言葉なんか出来なくても、1人で英語圏に出て行く勇気。いつも言っていますが、その資質がやはり大事だと思いますね。

次は、海外メジャーで勝つまで、この写真は温めておこうと思います。

周りからの雑音が凄いだろうけど、これからもお父さんとお母さんの話だけ聞いていれば良いんだよ。というのが、親父からの応援メッセージ。


さて、一方うちの桃花ですが、今週のデンバーへの遠征組みから外され、今週は1人で自己練習です。チームメイトはトーナメントへ行くなか、自分1人キャンパスに残る。試合に出たくても出られない、本当に良い経験だと思います。

これを機会に、もっともっと謙虚な姿勢で、些細なことにも感謝の気持ちを持てるように、成長して欲しいと思います。ゴルフができるのは、当たり前のことじゃないのですからね。

そしてここから、人の3倍練習して這い上がることが出来るか。

長い目で見守ろうと思います。




⬇️こっちもポチッよろしく
にほんブログ村 ゴルフブログへ

↑このページのトップヘ